どうも、生まれは昭和です。

犬神寧子のはんなり生活

天然生活

NHKのLIFEというコント番組が好きだ

来週の木曜からまた放送がはじまる

楽しみなのだがほとんど見ていないのが現実だ

そもそも放送時間が遅すぎる

大人の時間なのである

夜の10時といったらバイトでは深夜手当てがつく時間だ

そもそも夏至でも日没から数時間経っている

そんな副交換神経質が優位にたってくる

バシバシの時間に来んとなど見られない

起きていても歯を磨き布団に入る準備をしている

そもそも九時には寝ていたいのだ

眠れなくても暗い部屋で布団に入っていたい

闇は恐ろしいが薄暗いのは大好きだ

ちなみに夕暮れ時は苦手だ

光度が落ちてゆくのに目が慣れず

一番見えない時間帯だ

その点薄暗いのはいい

ぼんやりとオレンジ色の灯りがうっすらとついて

子供など頃など怖かったが

むしろぎんぎんの蛍光灯を好んでいたが

年を取るとマイルドになるものだ

自分が生かされているとも

生きているとも

この優しい時間にただただ合掌である

私はしあわせものである

腹はくだっているが

しあわせを感じる

むしろ腹が下ってしあわせ再認識だ

水洗トイレのありがたみに気づいたからだ

便座の暖かさもよい

当たり前

この言葉はこわい

要注意じゃ

当たり前は当たり前じゃない


広告を非表示にする