読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、生まれは昭和です。

犬神寧子のはんなり生活

思いでの山椒

昔住んでた家の庭にあった山椒は大きかったのよ

たくさん揚羽蝶の幼虫がいて

まあ、お好きにどうぞ~

としていたの

揚羽蝶もすいませんね~

という具合でさ

一応掘り起こしてこちらの家に持ってきたけどやっぱり枯れちゃってね

残念だったよ

あだち充の七色とうがらしという作品だったか

虫かごに色んな種類の虫が入ってて

害虫といわれるものから蝶々までね

そんでこのなかからその薬で害虫だけを殺せというシーンがあったのね

結構衝撃うけたなー

けど農薬を開発している男の子は

お母さんが農民で虫がある時大発生して飢饉になってしんだんだよね

こんな風に自然とともにゆったり生きてると

生死に関することを多く考えるのは私だけだろうか?


広告を非表示にする