読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、生まれは昭和です。

犬神寧子のはんなり生活

2000年生まれの君へ

私は生まれが昭和だが

子供の頃にバブルを目撃していた

テレビを通じてだ

我が家は貧しい家だったので

ぐあっとバブルの甘い汁をかぶれなかったの

さて


清楚な具合でいってるがバブルの頃はすごい水着ででかすぎる耳飾り着けてた

そのころの写真を覚えている

連日テレビからは六本木が流れていた

黒服とよばれる人々もいた

頭とか服とかどんどんエスカレートしちゃって

肩ぱっどなどもう異様であった

このころ日本は欧米から嫌われてた記憶がある

金でなんでも買ってく

品性がない的な目で見られてたような記憶

女も男もどこどこのブランドというのが大事

会社もじゃぶじゃぶ人を雇用していた

能力なくてもおーけ

就職決まるとハワイに行けるよ

とかマンションプレゼントとか

車あげますとか

いきすぎたやり方してるところもあった

車の免許も

橋之介の奥さんの三田寛子

あの人は

車を買ってから免許をとっていた

そういう人もいたねぇ

そんな風な人が今50代なのよ

だから50代の人ってなんかバブル臭くかんじる

まだそういうメイクする?とか

女性雑誌も50代の人とかのは

ギラギラしてるよね

キンキラしてる

そんな時代がありました

てなね時代があって毎日が祭りだった

世の中浮かれてて

不安とかそういうのあんまりなくて

空気がほんとに祭りの高揚したのと似てた

だから2000年以降に生まれた人たちは昭和も知らなきゃ

景気がいい!という日本も知らなくて

すでに「歴史」感覚だよね

私はその空気を生で感じてはいないけど

けどさ

ずーっと悪いっていうのもないわけで

私からしたら悪いが普通ってゆうことになるから

2000年以降の人たちには

コイツなにアホなこといってんだ

なんだろうけど

まあいいや