読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、生まれは昭和です。

犬神寧子のはんなり生活

冷蔵庫に入れたらお別れ

冷蔵庫に入れたらもうそれはお別れの時だ

なぜなら私が飲んだり食べたりしてしまうから

朝兄ちゃんがのむよーぐると入れてく

帰宅する

ない

これが我が家のスタンダード

美味しいハム

父ちゃん料理に使おうとしたらない 

私食べた

珍しく父ちゃん舌打ちをちっとした

そんな舌打ちしなくてもーと私の声が隣の部屋から聞こえる

昔から食べ物は食べていいものだと思ってる

だって名前かいてないから

病院とか入院するとところにやってはデカイ冷蔵庫だから

プリンとか名前かいてください

とあるけど

自宅だからねー

犯人というかもう諦めてもらうしかないよね

しかし、過去にすごい怒られたことがあった

こどもの頃だが

大きな真っ赤なスイカの半分に切られたその中心部をスプーンでほじくって食べたのだ

そしたらマイスイカの中心部がないと母激怒

すぐに私は問い詰められ

謝っても許される行為ではないと怒りはおさまらない

それから母のものだけは手をつけなくなった

母が亡くなり今は特におそれることはない

「やっていいことと悪いことがある」

スイカの真ん中食べ、夏休みに入ったからとついついしたくなってもしたらだめなんだよ