読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、生まれは昭和です。

犬神寧子のはんなり生活

東急線に乗るなんて許さない!

はい、どーも

私は顔は出さないがその出で立ちは

その服どこで買ってきた?

おばあちゃんのお古?

とか

東急線に乗ろうなんて許さない!

と主治医に言われて(ジョークでね)

あなたは小岩とか柴又が似合う

昭和の寅さんである

そのほかの片にも日暮里舎人(とねり)ライナーとかいいじゃん

という街並みが似合う人間だ

近所のおじさんにもお父さんにもぴょこりんにも

服を着ろ!

と言われてしぶしぶ服を着てるし

普通のテーシャツとスカートでも着て

こぎれいなスニーカー履いてると

ご近所さんから

あら?寧子ちゃんおでかけ?

なんていわれるほどで

そんなに普段ひどいのか?

というギャップらしい

クロネコヤマトのお兄さんも

モッサーとした頭で昼寝から今のピンポンで起きましたが丸出しなので

ごめんね、とか言われてしまうし

郵政のおじさんは、そのモサーからナマモノ以外はここの箱にいれときます

などといってくれる

寝起きはひどい顔とかいでたちらしい

鏡を普段からみないので

それは昔からで

中学生のときにね

いつもいつもどこでも鏡で自分を見てている人が理解できなかった