読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、生まれは昭和です。

犬神寧子のはんなり生活

生け贄

わたしは犬とずっと暮らしている

 

そして去年から猫もふえた

 

彼らがいなかったらわたしはもうこの世にいなかったろう

 

犬という家族が私の命を繋げていた20代

 

いつも死にたかったのに犬を見ると

 

この子を残して死ねないとおもいとどまった

 

犬が死にもうこれで…とひといきついていたら

 

いまの犬がやって来た

 

兄が計算したかのように小脇に抱えて家に帰って来た

 

そうしてわたしはまた死ぬタイミングを逸した

 

そうしたら猫

 

この二人が天に召されたら…

 

あと10年以上は生きていないと

 

この生きにくさを抱えながら

 

それでも彼らのために今日眠りに就く

 

あしたのために

 

あしたなんかいらないのに

 

あしたなんてこなくていいのに

 

いつも診断書にかかれる四文字

 

希死念慮

 

 

 

 

 

 

 

つかれました

広告を非表示にする