読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、生まれは昭和です。

犬神寧子のはんなり生活

最高文化してますか?

文化な生活してますか?

 

わたしがこのブログでチラッと欠いてきた某芸術大学についての本がでてました

 

思わず買ってしまった

 


f:id:m2noa:20161103140642j:image

 

 

ぜひみなさんも手にとっていただきたい

 

まだ2/7くらいしか読んでないんだけど読み物としてはおもしろいよ

 

けどすごく納得したのは

 

本人よりも親が芸大への執着がすごいというところ

 

自分がダメだったから子供に自分の代わりとして合格させるための執念じみたところとか

 

卒業式とか(入学式にでくわした記憶はない)すげえたくさんパパママで溢れてる

 

そして

 

第何回芸大卒業式という看板の前で写真撮影をすべくお行儀よく長い列をつくってかなり歩行する無関係な私はイライラしている

 

じゃま!

 

とね

 

たまに芸大の学食にいます

 

美校だけでなく音校のほうにもチラッと休んでそこらへんで寛いでバナナ食べててりしてます

 

芸祭はかなりの祭度がすごい

 

てかあの人たちの祭りが好きなんだろうな

 

そもそも作品をみてもらいたいし、人に注目されたい人多いし

 

普段からも「自意識過剰系」がゴロゴロしている

 

そして私は思うのである

 

誰も君をみていないと。

 

音楽も申し訳ないが電車で移動されるとすげえ楽器邪魔だし

 

そんなときに山手がやや遅れてコミコミなのにチェロ?とかゴツゴツしたケースですげえ邪魔

 

そのゴツゴツしたケースの隣で私は痛い思いをしている

 

そんなんで美校のほうは学食でまったりしたりするくらいだけど

 

音校のほうは通り抜けて裏側を歩くので

 

雅楽の授業とかぶることが多くて

 

あっミスったとか

 

やっぱり学生は下手くそなんだなぁとか

 

思うわけですな

 

ここ数年は年配の方が芸大に観光?みたいだかでたくさんいるようになったかも

 

そうそう

 

奏楽堂はいま工事をしていまして外からみるさことはできません

 

わたしがいったときは学生さんが多分バイトなんだろうけど案内役してくれてさ

 

パイプオルガン弾いてくれたけど下手だった

 

本人も下手でごめんなさいと謝ってた

 

わたしはことアートのことになると激しく豹変するところがあり

 

このドヘタクソがーでていけ!と怒鳴りたくなったけどじっとがまんした

 

上野公園内の芸大生の卒業制作とかこの間はオバチャン二人がその上で弁当広げてガハガハ笑っておられた

 

デカい石がボンとあった(それが作品ね)ときには誰がはじめたのか周りに石が詰まれたのが増えていき

 

三途の河原みたいでよかった

 

見知らぬ通りかかりの人とか子供とか観光客もみんなで石を積んでいてそれがとてもよかった

 

まるで生きている世界の縮図のようであった